D2Cブランド
ジャパニーズティー・レーベル
​壹寸株式会社 様
日本茶レーベルで
世界に挑む、D2C戦略。

MISSION

 Japanese Tea LABEL(ジャパニーズティー・レーベル)は、 日本茶の文化を国内外へ広めるD2Cブランドです。このブランドは、日本の茶農家の苦しい状況を打開するというミッションを持って誕生しました。

 工場で製造するペットボトルのお茶の販売量は増加していますが、古来ながらの淹れ方で味わう茶葉を生産する茶農家は、収益減・後継者不足などで廃業の危機に面しているところが少なくありません。このままでは消えてしまいかねない日本茶の文化を未来へ守り継いでいくことが、このレーベルの目的です。

 千年以上続く日本茶の伝統を守りながら新たな楽しみを革新していきたい。こうした思いから、総合プロデューサーの佐々木國舟氏と、日本茶アーティストでティーエッセイストとして活躍する茂木雅世氏と共にD2Cブランドの構築に挑みました。

BACKGROUND

 本件の相談を受けた当初は、「お茶といえば、静かに心で飲むもの?」といったイメージを抱いていました。ところが、いざ、日本茶の歴史をひも解くと、千利休の遥か昔に、日本茶を広めた男がいたことを知りました。それが、バサラ大名、佐々木道誉の存在でした。

 そもそも日本茶は、効能と精神性をあわせもつ飲み物で、一部の特権階級の嗜好品として広まったそうです。一説によると、中国から種子が日本へと渡り、全国各地の産地によって味の違いが生まれ、日本茶が「違いのわかる人たち」の間でヒートアップしたのだそうです。時代は、南北朝の下克上全盛期。バサラ大名が登場し、既存の価値を否定し、新たな価値を創出する時代。日本茶が、力比べの道具として利用されたと記されています。この遊芸が、闘茶(とうちゃ)です。日本茶を味わい、その産地や品種を飲み当てる遊びです。勝った者には、褒美を。負ければ、大損。時代を一世風靡した闘茶のその様子は、『太平記』に記され、闘茶の寵児として佐々木道誉が脚光を浴びました。香、花、茶など、日本の芸術をこよなく愛するバサラ大名です。ここに、斬新かつ大胆なブランドイメージを生み出すヒントを得ました。

CONCEPT

 日本茶D2Cブランド構築に向けて、「バサラ」を根底に、「日本茶を遊ぶ」ことをコンセプトに据えました。日本特有の風土と気候を活かし、独自のこだわりを貫き、芸術的な日本茶の味わいを創り出す茶農家のみなさんを、日本茶のアーティスト「ティーリーフクリエイター」として定義。そして、まるでセッションを楽しむような感覚で、日本茶の新商品が「作品」として発表されていくことをイメージして、このブランドに「レーベル」という名称を冠しました。

 壹寸株式会社様とのご縁から、ブランドディレクターとして参画させていただき、二人三脚で日本茶D2Cのブランド構築に挑んでいます。これまでに多くの方々の助けを借りながら、ロウンチの日を迎えることができました。心より感謝申し上げると共に、これからもどうか温かく見守って頂けましたら幸いです。(企画士・木田広大)

ジャパニーズティー・レーベル

総合プロデューサー:佐々木國舟

公式ナビゲーター:茂木雅世

ブランドディレクター:木田広大

ロゴデザイン:矢野童観

ロゴトレース:TANAKA YUKOU

フォトグラファー:王丹戈

コピーライター:高澤峰之

(c) ANGLESHIFT

アングルシフト

〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町5-1

横浜クリエーションスクエア14F STAYUP

hello@angleshift.com

  • Facebook